ハクバ☆

ハクバ☆

“ハクー”って言えば君はボールを咥えて飛んできたね。

そんな君が好きだったよ。忘れてなんかないよ。

心にいつも君を思い出しているよ。

君は私を置き去りにしないでいつも待っててくれたよね。

ハクバ、何故君にそんな名前をつけたかって!?

白馬のようになって欲しかったんだ。白い馬に君はそしてなったんだ。

白い心で馬のように走り去ったハクバだけど

私の心に身体に君は一緒に今も走り続けているんだ。

ありがとう!

君にありがとうを言いたいんだ。

君の分身クロスファイヤーが君の分まで生き続けるよ。

警察犬訓練士 松尾晴美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です